iPod classic nano 修理
iPodの修理実績2,000件超え


Video,classicの修理の多くは「イヤホンジャックの不良」「バッテリー交換」 「再生されない・同期が出来ない(HDD故障)」。全て対応可能です。

2005年にiPod Videoが発売されてから11年・・ 今でも毎日、修理のご依頼を頂いています。
ここまで愛されたアップル製品は 無いのではないでしょうか??

HDD不良の場合は、大容量「SSD」への交換をご希望されるお客様が多いですね。全ての端末で128Gまで容量アップ可、160G(薄いタイプ)でしたら256G(512Gも理論上可) まで容量がアップ出来ます。
かつSSDなので起動スピードがグンと早く!


全国30店舗グループ店あり


nano6とnano7の修理も多く頂いています。
多いのが「電源ボタン故障」「液晶不良」と「バッテリー交換」です。nanoシリーズは「持ち歩き」にとっても便利で、まだまだ新機種も出ていますね。それでも修理してお使いになりたいお客様も多く、nanoもアップル社製品の人気シリーズですね。



当店の加盟店システムの特徴

Video or classic
バッテリー交換 5,900円
イヤホン不具合 5,900円
液晶表示不良 6,900円
充電不良 8,900円
HDD故障
(SSD大容量化)
(Video)128G:19,800円
(Video)256G:25,900円
(classic)128G:23,900円
(classic)256G:28,900円
水没 5,900円〜
  nano6 nano7
バッテリー交換 5,900円 5,900円
電源ボタン
ボリュームボタン
イヤホン不具合
ホームボタン不良 -
液晶不良・ガラス割れ 7,400円 7,400円
充電不良 -

【電話】

電話番号

【メールフォーム】

問い合わせフォーム

【LINE】

▲Top of Page